食料品運送は温度管理が決めてです。

                             [食品運送業・福井県株式会社ダイレック冷凍車内部]       

                                                              今、時代はより美味しくより新鮮なものが求められ、食料品流通も過去の常温流通から高速低温流通の時代に入っております。

ダイレックではそのニーズに応えるべく、全車冷凍・冷蔵車を用意し、あらゆる食品に応じた温度管理を徹底しております。 

冷蔵庫から出荷

ダイレックのチルドセンターを利用した食品管理

  ■■ダイレックの特徴■■
1、チルド、冷凍食品の365日24時間配送(冷蔵冷凍車)

2、ダイレックセンターでの保管、仕分け(HACCP対応センター)

3、リパック代行、ピッキング代行(生産者様の人件費リスクがないためビジネスチャンスにつながります)

4、各荷主様への集荷(ぜひ集荷時間教えてください)

5、小口混載便なので少量でもOK(ローコスト)

6、福井県以外の商品の移動もおまかせください(例:名古屋から大阪へ)

7、細やかな全国配送可能です(全国に中継協力会社もってます)

8、福井中央卸売市場と営業冷蔵倉庫に隣接してます(突発的な入庫、出庫にもすぐに対応できます)

9、より細かな場所への宅配便も可能です。(なんなりとご相談ください)

10、デジタルタコグラフ装備。(運転管理も徹底しております)                                                 
 
                                 【新規事業経緯】                                               
                                            I.外食産業店舗配送

2008年7月
夜間の市場納品、量販店センター納品だけでなく、日中の配送の充実をはかる目的の一つとして、福井、石川の外食の店舗納品をスタート。居酒屋、お寿司屋などチェーン展開をしている店舗の配送が多く現在では、約40店舗の配送をしています。納品形態もさまざまですが、冷蔵庫、冷凍庫の中に指定された商品を納品する店舗もあります。

II.問屋のピッキング店舗配送代行

2008年7月
問屋の業務であるパック単位のピッキング、伝票発行、受注業務、及び店舗配送を自社センターで行う業務をスタート。
もともと、当社では全国各地から冷凍、冷蔵にかかわらず商品を集めてくる事のできる幹線便を持っていますので、ダイレックチルドセンターに集約しやすい環境だと好評をいただいております。尚且つ、問屋までの配送運賃もコストダウンできるため、各お客様へもお安く提供できるようです。

III.病院、介護施設への配送

2009年7月
病院や介護施設の配送は納品時間だけでなく納品形態、衛生管理、温度管理が非常に厳しい条件の下での配送となります。ですが、現在約50件の配送場所を超えようとしています。難しい配送ではありますが、気配りも一緒に配送をさせてもらっています。

IV.県外からの北陸3県の配送

2009年6月
今までは、県外からの商品はほとんど、福井県のみでしたが、お客様の強い要望に応えるべく、北陸3県の配送を全て請け負う事に致しました。現在「関東から北陸3県」、「名古屋から北陸3県」、「大阪から福井、石川」などの配送をしています。